本文へ移動

職員によるブログ

施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

地域の「清掃隊」を実施しました。

2021-09-03
 昨年度までもにじの会として、地域における公益的な取り組みの検討・実施をしてきましたが、今年度より法人内の委員会として、「地域における公益的な取り組み委員会」が発足されました。コロナ渦で社会的に交流が制限された状況ではありますが、地域の為に“今できることを、小さなことからコツコツと”取り組んでいきたいと考えております。
 その活動の一部として、「地域のお役に立ちたい(隊)」という部隊?を結成し、今後様々な部隊活動を実施していきます。記念すべき第1回目の活動は「地域の清掃隊!!」を結成し、8月末に実施しました。「隊員」の証である紅いタスキを着用したメンバー達が、近隣農道に落ちているゴミの回収作業を行っています。
 にじの会の周辺には美しい水田が一面に広がっています。私たちも地域の一員として、この素晴らしい景観と環境を守る一端を担えるように、できることを地道に実践していきます。

 「清掃隊」の皆様、暑い中お疲れ様でした。無理なく楽しみながら続けていきましょう。(森)
 



 
    
                               
落ちているゴミを回収していきます。
収穫前の見事な景色です。彼方に隊員が見えます…。

壱番館でお誕生日会を開きました!

2021-08-17
 壱番館内で過ごされている利用者さんが8月17日にお誕生日をお迎えになられるとのことで、ささやかながらもお誕生日をお祝いしました。利用者の方々は職員がタルトケーキを準備しているのを目撃されていたためか、その日はいつもより夕食を素早く食べられており、祝賀会を皆さん望まれているようでした。夕食後にその日の夕食のマンゴーと頂いた梨をタルトの上に乗せたものを職員が用意して、この世に一つだけの特製タルト「にじのフルーツタルトケーキ」をご提供させていただきました。しかしその素晴らしい特製ケーキを食べる前に一つ、忘れてはいけないことがあります。そうです、ハッピーバースデートゥーユーでございます。他の利用者さんはフォークを持ちながらも、年に一度の仲間の大切な日のために祝いの歌をお歌いになられていました。その後、職員が書いたお祝いの寄せ書きをお渡しさせていただき、特製タルトは皆さん3分程で美味しそうに完食されていました。日々一日たりとも無駄な日はありませんが、年に一度の生まれた日は何歳になっても大切で特別な日であることをここに記したいと思います。お誕生日おめでとうございます!! (壱番館スタッフ一同)


 
    
                               

音楽演奏会を行いました!

2021-07-16
 7月16日、にじの会利用者と職員による音楽演奏会を行いました。本来ならばプロのアーティストをお呼びしたい所ですが感染予防の為、利用者さんと職員でのリコーダー、ギター、ピアノの演奏会となりました。主催者である私もギターとピアノを弾かせていただいたのですが、大勢の方が見ていると思った途端に手の震えや手汗が止まらなくなり、耳元で飛ぶ蚊のような演奏をさせていただきました。その後利用者の方がリコーダーを演奏されたのですが、緊張のきの字も全く感じさせない堂々たる演奏をされており、きらきら星や上を向いて歩こう等を吹かれていました。その後私の先輩方である職員の方々が美しいピアノの演奏を行い、場の空気がとても澄んで美しい物となりました。
行事等が減ってしまって多くの方の気分が憂鬱になる昨今だからこそ、感染予防をしっかりした上で、利用者や職員による発表会等で今後とも盛り上げていけたら素敵だと思いました。 (佐藤駿)

    
                               

「みぃともっと」BBQ大会を開きました!

2021-06-30
  6月30日(水)にじの家の園庭でBBQ大会を開きました!昨年度より続くコロナ禍により、利用者の皆さんも外泊だけでなく、外出もなかなかできない状況でストレスを抱えながらの生活になっていること、また、支援するスタッフも同じようにストレスを抱えながらの生活を余儀なくされていることから、少しでも楽しいひと時を味わっていただきたいという思いで、管理及び指導的スタッフで企画いたしました。本日だけは満腹になるまでお肉を堪能していただこうということで、企画名は「みぃともっと」(お肉をもっと!)としました。お肉の他には、焼きそば、フランクフルト、ピザ、クレープの5種類の食べ物とジュースでおもてなしをさせていただきました。お肉のコーナーには次から次へと利用者の方がおかわりで並ばれ、満腹になるまで堪能していただきました。施設での食事は、普段は、どうしても限られた量となってしまいますが、この日に限ってはそこは特別サービス!(気にしないようにしましょう)ということにしたこともあり、利用者の皆さんの多くが笑顔で過ごされていました。中にはまだまだ食べたりない方もおられたようで、片付けの最中も鉄板やホットプレートの上を覗きに来る方もおられました。利用者の方々も、そして支援スタッフの皆さんもいつもとは違ったひと時として楽しんでいただけたのではないかと思います。  
                               管理及び指導的スタッフ一同
 

備えあれば憂いなし!(防護服着脱研修を行いました)

2021-05-27
 5月に入り、複数回に分けて法人内の全職員を対象に防護服の着脱研修を行いました。昨年の今頃も同じ研修を行ったのですが、それから1年が経過し、ここまで施設内で新型コロナウイルスの罹患者を発生させることなくこれておりますが、現在の国内の感染状況や新たな変異株の出現など、どんなに感染予防対策を講じてもこれから発生しないという保証はございません。1年が経過し適切な防護服の着脱方法も忘れているであろうということもあって、改めて全職員で行おうということで実施しました。実際にやってみるとやはり忘れていました・・・。レクチャーしてくれた当法人の看護スタッフからも「その脱ぎ方だと感染リスクがあります」といった指摘も受けました。備えあれば憂いなし・・ではありますが、今後もこの研修が役に立つようなことが発生しないことを祈りつつ、万が一の時の心の準備だけはしておきたいと思います。   (菊池)
社会福祉法人 川越にじの会
〒350-0002
埼玉県川越市古谷本郷992番地
TEL:049-236-0666
FAX:049-236-0665

●施設種別 障害者支援施設
●入所定員
生活介護(50名)
施設入所(40名)
短期入所(2名)
●敷地面積 4909.23平方メートル
●建設面積 1742.34平方メートル
●構造
鉄筋コンクリート1部2階建
木造スレート 平屋建(作業等)


TOPへ戻る