職員によるブログ

   
施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。
 
フォーム
 
社会福祉士の国家試験対策講座を行いました!
2018-02-02

  1月17日の勤務後に今年度の社会福祉士国家試験を控えた職員を対象に、試験対策講座を行いました。法改正の部分を重点的に各福祉関係法に触れながら行われました。講師の阿部さんお手製のテキストのもと、読み合わせては問題を解き・・・気づくと3時間が経っていました。集中すると時間はあっという間。忙しい中でこのような機会を作ってくださり、感謝でいっぱいです(涙)試験まであと2日!!万全のコンディションで臨みます!!

(高橋(健))

 
 
実習生受け入れについての研修を行いました!!
2017-12-26

 1218日に「実習生への指導の仕方」の研修に参加しました。私は今までに実習生さんの対応をしましたが、新たに知れた注意点や、学んだことがいくつかありました。講義の中で「実習生が持つ課題や目標に対して職種を問わず積極的に指導をしたり、学びの場を提供することが求められる」とあり、私はこれを聞き“実習生さんから今日の課題を聞くことが少なかった”と感じました。また、“何を説明しよう”と考えた時にも、課題・目標を聞いておけば指導しやすいと思ったため、今後は“その日の課題・目標”を聞くようにし、自分も指導しやすく、実習生さんにはより良い実習になるよう心掛けたいと思いました。来年から実習生さんがたくさんいらっしゃるため、今回学んだことを頭に入れて指導等したいです。

(森谷)
 
クリスマス会を行いました!! (B・D棟)
2017-12-21
スタッフブログ~コピー
 12月15日(金)に、にじの家の恒例行事であるクリスマス会を行いました。今年度は2つのグループに分かれ、それぞれ違うお店でクリスマス会を開くことになりました。私は初めての行事担当ということもあり、分からないことが多く、正直不安な気持ちばかりが募っていきました。しかし、着々と準備が進んでいくにつれて不安な気持ちは薄れていき、「利用者の方の反応を早く見たい」という楽しみな気持ちが湧いてきました。当日になると、利用者の方はいつもより少しおしゃれをしてクリスマス会に参加されていました。今回、B棟D棟は川島にあるスマイルカフェ1/2というお店で行わせていただきました。お店に到着し、店内に入ると、とても良い雰囲気でクリスマスソングが流れていました。出て来る食事はどれも美味しく、利用者の方も満足していただけたのではないかと思います。食後には職員がサンタとトナカイの帽子を被り、利用者の方へプレゼントを配りました。利用者の方の中には、プレゼントを貰うとすぐに袋を開けて中身の確認をしている方がおり、それほどまでに楽しみにしてくれていたのだと嬉しく思いました。他にも音楽に合わせて体を揺らしている方や終始笑顔の方等、普段ではあまり見れない利用者の方の姿を見ることができ、良い思い出となりました。利用者の方々が少しでもクリスマスを感じることができ、楽しめていたのなら幸いです。ご協力して下さったスマイルカフェ1/2の皆様、のおかげで無事にクリスマス会を終えることができました。本当にありがとうございました。
(宮崎)
 
クリスマス会を行いました!! (A・C棟)
2017-12-21
スタッフブログ~コピー

 1215日(金)に、にじの家のクリスマス会が開かれました。今年は4棟が2つの会場に分かれ、それぞれレストランで食事を楽しみました。A棟C棟は市内のミルキーウェイブ(MILKY WAVE)というレストランで行わせていただきました。ハンバーグやライス、スープにケーキとスペシャルなご飯をいただき、皆さんからは笑顔が見られました。食後にはお待ちかね、クリスマスプレゼントを配りました。12月に入り、ソワソワされている利用者さんもいらっしゃいましたね!支援員が一人一人を思いながら準備したプレゼントはいかがだったでしょうか?会場ではサンタ帽子をかぶり、プレゼントと一緒に記念撮影も行いました。例年と少し違った雰囲気で、心なしか緊張された表情も見られましたが、皆さんとクリスマスというイベントを楽しむことが出来ました。MILKY WAVE様、素敵な時間を過ごさせていただきありがとうございました。

にじの家の食堂には25日までキラキラのツリーも飾られています。クリスマスの雰囲気をじっくり味わってほしいです。

(阿部(晴))

 
 
愛和病院様よりご寄付を頂戴いたしました!
2017-12-21
  12月15日(金)に医療法人愛和会 愛和病院のスタッフの方がお見えになり、ご寄付を頂戴いたしました。ご利用者様が当施設で生活していく上で、必要なサービスや快適な環境を整えるなどに使用していきたいと思います。本当にありがとうございました!                                      

                          (髙橋)

 

 

 
 
相談支援に関する施設内研修を行いました!!
2017-12-18
 社会福祉法人川越にじの会が運営する「障がい者相談支援センターきゃろっと」の相談支援専門員の阿部氏を講師として計画相談支援に関する研修(総論)行いました。
 計画相談支援とは、簡単にいうと相談員がアセスメントを行い、その方のニーズに合わせてプラン(サービス等利用計画書)を作成し、また、それに関わる各種関係機関との調整役も担う。これら1連の流れをケアマネジメントと呼ぶとのことです。
川越市では、きゃろっと含む6つの福祉法人が計画相談支援事業所として委託され、計画相談業務(モニタリング等も含む)に当たっていて、突発的な困難事例には川越市障害者相談支援センター(通称、連雀)が計画相談支援事業所をフォローする役割を担っていて、アドバイスを受けたり、場合によっては一緒に動いてもらう事もあるとのことでした。また、月1回3時間程度、市と連雀の主任相談員が主催で相談支援事業所が集まり「計画相談会議」が開かれ、その月の新規依頼ケースの振り分け及び「行政説明」、「事例検討」、「計画書精査」等研修を行っているとのことです。最後に、相談支援に絡む最近の大きな流れ、「地域共生社会」(平成29年厚生労働省)についての説明と今後の施設の存在意義についての問いかけがありました。
 ケアマネジメント、といった言葉が出てきたのは私が学生の時であった。あまり詳しくは年がバレるから書かないが、まあ昭和の終わりころであったかと思う。当時の知的障害者に関する施設では、大規模収容施設が主流でその頃の“施設”の評判は悪かった。やむをえず施設に入れる、といった感覚であった。(私の弟が知的障害者であり、そういった話を母から聞かされていた。)学生の頃、施設見学に行ったときに見てきた部屋は8人部屋で、グレーのカラーボックスのようなものが置かれているだけの部屋であった。やがて、ノ-マリーゼイション(=一般化)”という言葉が出てきてやがて今日のクオリティー・オブ・ライフ(生活の質=QOL)という、言葉に繋がってそうである。相談員同士の情報の共有が深まって行けば、利用する方々のよりよい支援に繋がっていくのではと感じました。
(大隈)
 
 
施設内研修を行いました!!
2017-11-22
 1110()に外部から、こすもす社会福祉士事務所の代表 池田様にお越しいただいての権利擁護についての研修を受けました。その中で、私の日頃の支援はどうであろうか、施設を利用されている方の権利の侵害をしていないだろうかと今一度考えさせられました。研修の中で事例などを聞ていて相手の状況、そして気持ちを考えること、それが権利擁護の重要なキーワードだと思いました。私は深夜にふらっと外に出て、夜空を眺めがら一人笑っていることがありますが理由もなくそれをやめろと言ったら、とても辛く悲しい気持ちになります。なんでそんな事をするんだと理由を問われたら意味もなく行っているので答えに困ってしまいます。他人なのだから理解が難しいことはあって当然で、当本人も分からないことだってあると思います。問題はその当然にいつ気付くかだと心から思いました。
(佐藤)
 
ふれあい祭りを開催しました!!
2017-11-14
スタッフブログ~コピー
 祭の記事3連続目ですが、今回は当法人の恒例のお祭りを行ったので掲載します!
 天気予報では心配されていましたが、11月3日はやっぱり良いお天気となり、25回目の祭りを開催することが出来ました。今年も迫力のあるどんどこ様の太鼓から始まり、ダンロップスポーツクラブ様による可愛いチアダンス、フィナーレの川越東高校吹奏楽部様による和やかな演奏、楽しんでいただけたでしょうか?販売としては、移動販売からクレープ・いもの子様のうどん、そして、にじの家の模擬店では、とん汁と今年はちらし寿司を提供させていただきました。ちらし寿司弁当は、にじの家の調理員が考え、当日は朝からフル回転で作り、午前中で完売となってしまいました。食べられなかった方々、申し訳ございませんでした。家族会の焼きそばは、今回で最後ということで、昨年より多く作ってくださいました。こちらもすぐに完売となりました。大変感謝しております。3連休の始めでしたが、予想していなかった程の大勢のお客様に来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいになりました。予想していなかった事態に嬉しい反面、来ていただいた方をおもてなしすることが出来ず、反省点が多々残りました。来年度も“楽しかった”“来てよかった”と言っていただけるような祭りにしていきたいと思います。
 ご家族の方々、ボランティアの皆様、地域の方々等、多くの方々のご協力に大変感謝しております。本当にありがとうございました。
(重野)
 
収穫祭に参加しました!
2017-11-08

 10月29日(日)に(社福)彩明会障害者支援施設りんごの家様で行われた収穫祭にボランティアとして参加してきました。当日は台風の影響もありあいにくの雨でしたが、それを吹き飛ばすくらい活気のあるお祭りでした。雨天でのお祭りは初めてということで戸惑いもあったようですが、職員・ボランティアの方々が協力し合い、無事に決行することができました。
 お祭りでは他事業や他法人からも模擬店出店がされていたり、移動式動物園で小動物たちと触れ合えるコーナー等がありました。特にステージでのBFB(バリアフリービクス)は利用者の方々が輪になって体を動かし、大盛り上がりでした。子どもから大人まで楽しめるブースが目白押しで、歩き回るだけでも見て楽しめるものばかりでした。
 私自身、他施設のボランティアとして参加することは初めてでしたが、行事を楽しみながら施設での取り組みを知ることができ非常に勉強になりました。来年も是非参加させていただきたいです。

(青木(有))

 
どうかんまつりに参加しました!
2017-11-08

 10月28日(土)に、さいたま市岩槻区にある(社福)ささの会障害者支援施設どうかん様で行われた、『どうかんまつり』に、ボランティアとして参加させていただきました。台風が近付いていたため、天候がとても心配されましたが、無事に開催されましたので一安心でした。
 お祭りの様子ですが、“とにかく楽しい!”といった雰囲気で、利用者の方々はもちろん、スタッフ、来場者、ボランティア全員がお祭りを楽しんでいる感じでした。私自身は、Kさんという利用者の方と一緒に過ごしましたが、にじの家の利用者の方々とはまた違った特徴をお持ちの方でしたので、(最近感じていなかった)“新鮮”さを改めて感じながら楽しませていただきました。
 “利用者の方々が笑顔になるには、まずスタッフ(私たち)が笑顔でいる”ということを、今回どうかんさんのスタッフの方々を見て改めて思いました。普段、なかなか他施設の現場を見る機会もありませんので、今回のボランティア活動は非常に勉強になり、刺激をもらえた活動となりました。

(加藤(康))

社会福祉法人 川越にじの会
〒350-0002
埼玉県川越市古谷本郷992番地
TEL:049-236-0666
FAX:049-236-0665
------------------------------
●施設種別 障害者支援施設
●入所定員 生活介護(50名)施設入所(40名)
短期入所(2名)
●敷地面積 4909.23平方メートル
●建設面積 1742.34平方メートル
●構造    鉄筋コンクリート1部2階建
木造スレート 平屋建(作業等)
------------------------------
<<社会福祉法人 川越にじの会>> 〒350-0002 埼玉県川越市古谷本郷992番地 TEL:049-236-0666 FAX:049-236-0665